被害者が直接交渉

最も簡単に行うことができる示談の方法として自分で示談の交渉を行うやり方があります。相手方の保険会社と交渉をするもものですが、これにはメリットとデメリットの両方があります。

まずメリットとしては早期に示談が終結されるという点です。交通事故によるけがの状態が深刻ではない場合、慰謝料の金額はあまり大きくないものです。このケースでは弁護士に依頼をしたり交通事故紛争処理センターに依頼をしたところであまり慰謝料の増額は期待できません。それなら早期に示談を終わらせ早く示談金を得ることができる方法を採った方がいいでしょう。慰謝料の金額が低い場合にはこの方法を選ぶのが最もお勧めです。

示談を自分で行う際のデメリットとしては他の方法に比べて示談金が低く抑えられるという点が挙げられます。相手方の保険会社はプロですから、示談の交渉でも低額に抑えようとしてきます。裁判をした場合に得られる金額を希望しても難しいことが多いものです。示談でこじれると非常に時間がかかりますが、ただ時間がかかるだけで示談金がアップすることがありません。アップしたとしてもわずかな金額なので、示談金の増額を希望する方はこの方法を避けることをお勧めします。