被害者が直接交渉

最も簡単に行うことができる示談の方法として自分で示談の交渉を行うやり方があります。相手方の保険会社と交渉をするもものですが、これにはメリットとデメリットの両方があります。

まずメリットとしては早期に示談が終結されるという点です。交通事故によるけがの状態が深刻ではない場合、慰謝料の金額はあまり大きくないものです。このケースでは弁護士に依頼をしたり交通事故紛争処理センターに依頼をしたところであまり慰謝料の増額は期待できません。それなら早期に示談を終わらせ早く示談金を得ることができる方法を採った方がいいでしょう。慰謝料の金額が低い場合にはこの方法を選ぶのが最もお勧めです。

示談を自分で行う際のデメリットとしては他の方法に比べて示談金が低く抑えられるという点が挙げられます。相手方の保険会社はプロですから、示談の交渉でも低額に抑えようとしてきます。裁判をした場合に得られる金額を希望しても難しいことが多いものです。示談でこじれると非常に時間がかかりますが、ただ時間がかかるだけで示談金がアップすることがありません。アップしたとしてもわずかな金額なので、示談金の増額を希望する方はこの方法を避けることをお勧めします。

交通事故の示談対応

交通事故に遭って通院や入院をした際には示談金を受け取るのが一般的ですが、示談の金額を決定する際には対応の仕方がいくつかあります。実際に交通事故に遭った時にこの点について知らないと損をしてしまうこともあるので、事故に遭う前にきちんと知識を得ておくことが大切です。このサイトでは示談の対応に関する情報をお伝えします。

示談で昔から行われている方法として相手方保険会社と交渉をする方法です。相手方保険会社が示談金の提示をしますが、そこから交渉を開始するのが基本です。最も一般的で早期に解決する方法ではありますが、概して示談金が低いのが特徴となっています。

示談の対応方法も大きく変わってきています。現在では任意保険の特約で弁護士特約が付いているものが多いこともあって、多くの方が弁護士特約を使って示談金の交渉で弁護士に依頼をしています。この特約を使えば弁護士に対応をする際の費用を上限以内で支払ってくれるので負担する金額が一切ありません。また訴訟を起こしたとしても訴訟に関する費用も上限以内で自分の加入している保険会社が支払ってくれます。弁護士に依頼する方法では交渉のプロが代わりに行ってくれる大きなメリットがあります。

弁護士に依頼をすると時間がかかるデメリットがありますが、それは困るという方にお勧めしたいのが交通事故紛争処理センターに依頼する方法です。これは無料で利用できるADRで、弁護士が間に入って示談の斡旋をしてくれる機関です。